めぐる季節に 

2011年 10月 09日 ( 2 )

10/9 秋の大沼は・・・

c0112479_20301060.jpg
c0112479_20304326.jpg
c0112479_2031488.jpg

 ↑「閑(のどか)」の次は、リバージュ前から歩き始めた。
まだ、紅葉はウルシやヤチダモが色づいてるくらいで、始まり・・・という感じだったけど、青空で風もなかったので、ボートに乗って楽しむ人たちがたくさんいた。

広場では秋の味覚祭りが開かれていたのかな。
にぎやかでした。
c0112479_2034529.jpg
c0112479_20342068.jpg
c0112479_20343380.jpg
c0112479_20345530.jpg

[PR]
by asunaro-2007 | 2011-10-09 20:34 | 大沼公園

愛のプレリュード   ~カーペンターズの歌を聴きながら

c0112479_1762398.jpg

結婚披露宴のテーブルに飾ってあった花と新郎新婦からのお返しクッキー。
c0112479_1763872.jpg

愛のプレリュード  ~カーペンターズのアルバムから


 
昨夜は元町の坂を上がった、まだ新しそうな会場で結婚披露宴があった。

新郎・新婦の友人や家族、職場の人・・・みんなに祝福されて、二人の新しい人生がスタートだね。
長い人生、いろんなことがあると思うけど、遠くから見守ってくれてる両親の分まで幸せになってほしい。

二人の今までの道のりがスライドショーで紹介されたとき、二人の両親の想いが想像されて、涙が出てきてしまった。

隣で職場の同僚が
「いいな~結婚式。もう一度やりたいな。」って。

それを聞きながら、
自分の結婚式を思い出した。

函館に住んでいて、釧路での結婚式と披露宴。
何もかも、ほとんどおまかせ状態で、いろいろ申し訳なかったな・・・と。
母や兄夫婦、一番親しい叔父と伯母夫妻、新潟の親友、合わせて10人だけが私の方の招待客で、残りは夫側。
今は亡き伯父が歌ってくれた 梅干しの歌、 夫の友人がギターを弾きながら歌ったこと、親友からのお祝の言葉が思い出に残ってる。そして、母からの手紙。
新婚旅行じゃなくて、家族・親戚・友人旅行に出かけて、家に着いたら祖父が亡くなったという知らせが届き、無事に結婚式が終わるのを待っていてくれたんだろうと思った。

今思い出しても、感謝の言葉しかないな。

友人も親戚もみんな遠くて、今までに出席した結婚式や披露宴は兄二人と夫の従兄弟の、3回だけだったから・・・
今どきの結婚披露宴は初めてだったけど、新郎・新婦の目の前に座って・・・近すぎだった。(笑)
息子や娘もこんなふうに披露宴に出席しているんだな~
[PR]
by asunaro-2007 | 2011-10-09 06:33 |