めぐる季節に 

<   2007年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧

碧血碑と柳川熊吉

碧血碑と同じように、興味をもったのは、忘れてはいけないできごと。
碧血碑がなぜ存在するのか・・・ということ。
以前、調べて教えてもらった・・・。柳川熊吉という人物。
c0112479_215144.jpg

c0112479_2153641.jpg

c0112479_2163922.jpg

c0112479_2171995.jpg

>柳川熊吉(やながわ くまきち、文政8年(1825年)-大正2年(1913年))は、幕末の侠客。道産子ヤクザの鼻祖とされる。江戸浅草出身。柳川鍋を商売としていたので姓を柳川とした。

浅草料亭の息子に生まれる。新門辰五郎が幅を利かせていた浅草で顔役となり、幕臣などとも交流があったと言われる。安政3年(1856年)、五稜郭築城のため自ら人員を率いて蝦夷地へ渡り築城動員を補佐。その後、箱館で江戸流柳川鍋を商売として生活していたが、箱館戦争が勃発し、敗北して賊軍とされた旧幕府軍の遺体が埋葬を許されずに箱館市中に放置されると言う惨状に堪えられず、実行寺住職・松尾日隆ら寺々や有志と協力して遺体を回収・埋葬して回った。明治政府に咎めを受けたものの、結果的に熊吉は処罰される事はなかった。

後に旧幕府軍の遺体を改葬して箱館山に碧血碑を建立。榎本武揚ら箱館戦争の生き残りの者達と交流を持った。碧血碑の管理を務め、大正2年に死去。享年89。熊吉の功績を讃える記念碑が碧血碑のすぐ傍に建てられている。

>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%B7%9D%E7%86%8A%E5%90%89
柳川熊吉、どんな風貌をしていたのかな・・・。
『壬生義士伝』みたいに、こういう人物の映画があったら見たいな。
歴史に詳しいわけじゃないけど、新撰組に少し興味を持ってから、この時代(幕末)のできごとを知るのが楽しい。
函館近郊に住んでいても、あまり知られていない歴史的な事実かな。
こんなふうにブログで紹介しても、興味ない人の方が多いかもしれないけど。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-31 21:07 | 函館公園

碧血碑

函館山の麓を気ままに歩いていたら、最後にたどり着いたのが、「碧血碑」。
それは、散策コース案内図のそばに建っていた。
初めて護国神社に初詣で行ったとき、その文字は頭の隅に残り・・・今年また、初詣は護国神社。だから、この場所へ導いてくれたのかな。
五稜郭公園、四稜郭、旧北桧山の丹羽氏、旧大野町の箱館戦争無名戦士の墓、いろいろ歴史を感じさせる場所を訪ねたけれど、この場所も巡り合わせなのかな・・・と思った。
c0112479_9181664.jpg

c0112479_9192663.jpg

☆碧血碑
>明治2年(1869年)の箱館戦争で戦死した新撰組副長土方歳三をはじめとする旧幕府脱走軍の戦死者800余人の霊が祭られている石碑です。箱館戦争で賊軍とされたばかりに野ざらしにされた戦死者を侠客柳川熊吉が実行寺に埋葬したことに始まり、明治8年(1875年)にこの石碑が建立されました。

 台座裏には
  明治辰己(しんし)実に此の事あり
  石を山上に立て以てその志を表す
と建立の由来が刻まれています。
 碧血とは、「義に殉じて流した武人の血は3年たつと碧色になる」(荘子)という中国の故事から碧血碑と名付けられました。
>http://hp1.cyberstation.ne.jp/cedric/hakodate_city19.html
c0112479_12245314.jpg


c0112479_9214665.jpg

桜の頃、ツツジの頃、紫陽花の頃・・・どんな空気を感じるだろう。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-31 09:22

あの小屋は

あの小屋は野鳥観察小屋みたいだ。
c0112479_21231453.jpg


今度はちょっと下り坂。朽ちた木に苔が生えている。
c0112479_21471772.jpg

歩いていたら、再び根元がすごい木を見つけた。
c0112479_21474438.jpg

そして、散策コースの案内図もあった。
c0112479_21505654.jpg

コースを反対側から歩き始めるときは、ここからがスタートかな。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-29 21:53

小さな橋を

杉林を抜けると小さな橋があった。
c0112479_8444775.jpg

そして、その下の方に小屋のような建物が見える。
c0112479_8452665.jpg

あれ、ここに看板が。
c0112479_8461663.jpg

へえ~ここから函館八幡宮の敷地なんだ。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-29 08:47

杉林は

3月25日、函館山の麓散策にて
ここの杉林は、あまり暗く感じなかった。どうしてかな・・・。
天気はまだ曇っていたような気がするけど、足下の小さな葉っぱや杉の枝の緑に目がいってたからかもしれない。
茶色の杉の下に春が顔をだしているようで・・・。
キョロキョロしていると、いろいろ小さな発見が楽しかった。
c0112479_2056390.jpg

c0112479_20562229.jpg

人にやさしい杉林・・・そんな感じだった。
杉の木がなくなったら、苔の生えた木が目にとまった。
c0112479_2058283.jpg

苔の緑がきれい。そして、木の根元が面白い。

☆今夜の夕食は久しぶりに娘がカレーライスを作った。
ジャガイモは全部入れるの?
人参はどうやって切るの?
・・・あれ~ちょっとまって。そんなこと聞くなんて!?
ジャガイモのむき方から教える。洗い物ばかりじゃなくて、作る方ももっとさせないといけないと思った。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-28 21:03

再び木道を 宮の森コース

標識(道しるべ)を左の方向へ進むことにした。
少し進んだら、もう枯れたようになっているけど、存在感のある木が目にとまった。
c0112479_20173063.jpg

これはいったい何の木だったのか。

さて、再び木道を進もう。
でも、今度は今まではあまり無かった杉がたくさん生えている場所のようだ。
ここも木道を作るのが大変だったと思う。
c0112479_20214397.jpg

杉林が下にも上にもある。
c0112479_2023024.jpg

[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-27 20:23

木々の間から

木道を歩きながら、左側を見て足を止める。
雨上がりの曇り空、霞んだ函館の街と大森浜の方向が見える。
c0112479_5591828.jpg

どうやって切り取ってカメラにおさめたらいいのか、迷っていると・・・時間が過ぎてしまうから、
2~3枚撮って、進むことにする。
木道のそばに標識があった。
c0112479_612851.jpg
c0112479_615096.jpg
c0112479_622446.jpg

今日(3月25日)は、この階段のようになっている道を登るのはやめよう。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-27 06:12

次はどこへ

慰霊碑を後にして、次はどうしようか。
予定では、函館公園を散策して、どこかでお茶を飲んで帰るつもりだったけど。
そうだ、確かこのあたりからそう遠くない散策コースがあったはず・・・。
確かこっちだったと思うよ。
そう言いながら歩き始めたら、まもなくその場所へ着いた。
ここはキャンプできそうだね。こんなところがあったなんて、知らなかった。
そう思いながらキョロキョロしていたら、「お~い、福寿草が・・・」と声が聞こえた。
足下がぐちゃぐちゃしているから、気をつけながら行ってみたら、
ひとかたまりの福寿草が、ぬれたままで咲いていた。
ロープの向こうだし、足下が滑る斜面だから、思うように近づけない。でも、しょうがないな・・・。

撮り終えると、前を歩いていた人の姿が、また見えない。
距離があっても、まあいいか・・・と再びその方向へ向かう。
c0112479_22540100.jpg

今度は、ぬかるんだ道ではなく、木道だ。
でも、湿っているからうっかりすると滑るかもしれない。
c0112479_22866.jpg

それにしても、こんな場所によく木道をつくったものだ。
尾瀬の木道もすごいけど、ここだって作るときは大変だったと思う。
左の方には、海が見える。
c0112479_22121690.jpg

再び、木道。またか・・・なんて言わないでね。眺めもいいんだから。
c0112479_22103938.jpg

この木道はどこへでるのでしょう。(^^)
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-26 22:13

思いがけない所に 青函連絡船慰霊碑

カエルの池を後にして、さらに登っていくと、車の登山道に出た。
そのとき、目についた標識(?)は、思いがけないものだった。
c0112479_19304295.jpg

前日、図書館で『さようなら連絡船』という本を借りてきたけど、なんだか、その本が導いてくれたのかな・・・。
c0112479_19322360.jpg

戦争の空爆で、いくつもの船が沈み、多くの人が犠牲になった。

洞爺丸の沈没しか意識したことなかったけど、その前に多くの命が失われたのだと、
改めて歴史を感じる場所だった。

さあ、今から夕食を作らなくちゃ。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-26 19:36

こんなところに 函館のヒキガエル

坂道を登っていったら、左側に池のようなものが見えた。
小さな階段を下りると、
c0112479_623211.jpg

へえ~こんなところに、
c0112479_6241471.jpg

でも、まだ冬眠しているんだろうな。
5月になって、桜が咲いたら出てくるかな・・・。
c0112479_6251545.jpg


地震の被害が大きい。
悲しみや不安で過ごしている方々を思うと、言葉が見つからない。
早く治まりますように。

今日もフアイト。
[PR]
by asunaro-2007 | 2007-03-26 06:28