めぐる季節に 

キタキツネ

昨日、湖畔をドライブ中に出会ったキタキツネ。
c0112479_8394490.jpg
c0112479_8402313.jpg

c0112479_8405388.jpg


どうして鼻の頭に雪がついているか・・・わかる人いるかな。(^^)

それは・・・

本当は野生のキタキツネに餌をあげてはいけないと思うけど、一個だけ餌を投げてあげたら、
それが雪の中に落ちて、食べてるときにフワフワの雪が鼻の頭についた・・・というわけです。
車にひかれないように、気をつけてね・・・。
c0112479_1952176.jpg

[PR]
# by asunaro-2007 | 2007-02-05 08:41

ちょっと早いけど

その日の夜はみんな同じ時間にそろうかどうかわからないから、ちょっと早いけど、今夜はみんなで松茸ご飯と「ふぐ」の鍋を食べた。
昼はマザーグースでケーキを買ってきて、紅茶を飲みながら、2個も食べてしまった。

ふぐの鍋は、我が家の「ときどきシェフ」が、準備してくれた。
私は材料をテーブルの上に載せておいただけ。
ちゃんと昆布や鰹パックを使って出しをとって・・・段取りよく作ってくれた。

先々週はカツ丼で、その前はコロッケを作ってくれた。
後片付けは途中までだけど・・・作ってもらえると助かる。
そのあいだ、私は2階でそうじやかたづけをしている。時には写真の整理を。

食後の片付けは娘と息子がしてくれる。試験前や忙しいときはだめだけど。
家族に感謝。(^^)

明日から、仕事が大変。

☆2月4日 リバージュにて撮影
c0112479_21145017.jpg
c0112479_21162796.jpg


[PR]
# by asunaro-2007 | 2007-02-04 21:17

函館公園付近

函館公園のあたりは、なんとなく懐かしい。

どうしてかというと、あれは20数年前、初めて函館に来たとき、一緒に来た人の用事がすむまで、一人で散歩していたから。

確か石川啄木の歌碑があったはず・・・と思って、公園の中を歩いていてみたけど、なかなか見つからなかった。
そこで、図書館の中はどうかなと、時間をつぶしながら眺めて、そのついでに「啄木の歌碑はどこにありますか?」と、尋ねた。

すると、年配の図書館の職員の方が、
「啄木のことに興味がありますか? それじゃ、案内しましょうか。」と、言って歌碑だけではなく、啄木が住んでいた家のあった路地のあたりまでいっしょに歩いてくれた。
聞けば、啄木の妻、節子さんの親戚だという。

その旅行のとき、秘かに
「北海道だったら、函館に住めるようになるといいな・・・」と、思っていたけど、本当に住むことになるとは思いもしなかった。

その1年後、函館の五稜郭公園のそばに住んで、
休日は函館公園そばの喫茶店でコーヒーとおしゃべりを楽しんだ。
さらにその2年後には、子供を連れて図書館通いが始まった。

昨日、訪ねたお店のママさんは仙台から3~4年前に移り住んだようだ。
青柳小学校のすぐそば・・・普通のお家の居間に、外から入っていく通路があって、薪が積んであった。
訪ねたときは、近くの公民館で俳句の集まりを終えた、年配の方々が親睦を深めているところで・・・。

その日、「これから、そばのお寺で豆まきがあるから行くのよ。」と、言ってた。
5~6人くらいの人だったけど、最後から2番目に店をでようとしていたおばあちゃんが、
「この戸はどうやってあけるのかね・・・」と、つぶやいていたから
「はい、どうぞ・・・」と、開けてあげた。

それから、私はようやく靴をぬいで、くず桜を頂くために居間らしいところへ入っていった。
それから、しばらくのあいだ、ママさんが娘さんの嫁ぎ先(北京)に行かれたときの話をいろいろしてくれた。
さらに、中国茶に関しても、話を聞かせてもらった。

そして、いよいよ帰ろうとしたとき、カメラの話になって、撮った写真を見せてあげたら
そのママさんが、「そういえば・・・」と言って、昔、息子さんとご主人がお寺の「寒修行」をしていたときの姿を撮ってもらった写真があると言って、奥の方から持ってきてくれた。
それは、かなり昔だけど、フォトコンという雑誌で、○○・・連盟賞というのをもらった素晴らしい
モノクロの写真。
母親が編んでくれたひも付きの手袋を、肩からぶら下げて、横殴りの雪の夜、父とともに村を回って歩く写真だった。

その写真を撮るために、二人のカメラマンは何度も何度もシャッターを切ったようだ。
撮られてる5歳の息子さんは、何度もフラッシュがたかれ、前後にカメラマンがいて・・・
おしっこに行きたくてもいけなくて・・・「嫌だ!」と言ったらしい。
貴重な写真を見せてもらった。
今も、本山で修行中・・・


c0112479_1192426.jpg
「ときどき何かに混ざって届く走り書きの文字が乱れている。
人の道を説く者がこんなことではいけないと、いつか言わなければ・・・」とママさんは言ってた。
[PR]
# by asunaro-2007 | 2007-02-04 11:21

ブログだけどひとりごと?

昨夜、なんとなく迷っていたけど、ブログを作ってみた。

前から、「ひとりごと」の部屋に画像を載せるとき、60KB以下にするのがちょっと面倒な時もあって、変えてみようかなと思ってた。

でも、ブログにすると、たくさんの人と交流できるけど、大変なんじゃないかなという心配も。
本当は、ブログと言ってもいろいろあるから、そんな心配はいらないのかもしれないけど。
それで、Mさんに聞いたら『「非公開」にして、HPからいけるようにしたら大丈夫だよ。』って、
教えてくれたし、試しに作ってみようかな・・・というわけ。

壁紙はスキンていうのも、後からわかったし・・・。
まだまだわからないことばかり。これって、他の人は見ているのかな。
全然知らない人との交流を広げていく余裕はないから、Mさんに教えてもらった方法でしばらくつづけてみよう。

でも、タグを使って続けていくのがちょっとわからないな・・・。

身近なところで起こった出来事が、ふとした瞬間に胸に響いてきて苦しくなる。
心って頭にあると思うのに、胸の心臓よりも少し左に近いところが痛くなる。
3時間半しか眠ってないけど、ちょっと苦しいから起きてしまった。
窓辺にたつと、しばらくの間は気持ちが沈んでしまのはしかたない。

☆不思議な箱

c0112479_795090.jpg

箱の中を覗くと・・・
c0112479_11132990.jpg


[PR]
# by asunaro-2007 | 2007-02-04 07:13

函館公園近くで

あまり宣伝しなくても・・・ってお店のママさんは言っていたから、
詳しく書かない方がいいと思うけど、
中国語、花茶・・・体にいいものにこだわっているような気がしました。

誰かと話がしたい・・・という方にはお勧め。
ママさんといろいろお話できそうです。
c0112479_22113555.jpg

[PR]
# by asunaro-2007 | 2007-02-03 22:12

節分だけど

初めてのブログ・・・
ちょっとどきどきしてる。

上手くいくかな~

今日は節分だけど、スーパーの豆売り場で一袋買ってきただけ。
そして、神棚や仏壇にあげて、いつもどおりに手を合わせた。
こんな感じで鬼はにげていくだろうか。

でも、まあいいか・・・。

今日、訪ねた喫茶店のママさん、北京についてずいぶん語ってくれた。
ずっときいているのも、ちょっと疲れたけど・・・
そういう考えの人もいるんだなって思った。

今日はくず桜だったけど、次回は甘酒を頼んでみようかな。
c0112479_2201746.jpg

[PR]
# by asunaro-2007 | 2007-02-03 22:01